Proxi­Mate™

最も過酷な環境用の近赤外分析計

ProxiMateは、食品や飼料の迅速成分分析のために新たに開発された近赤外分析計です。頑強でコンパクトなデザイン、および、直感的な操作画面は製造現場での使用に最適です。頑強でコンパクトなデザイン、および、直感的な操作画面は製造現場での使用に最適です。

  • 保護等級: IP69
  • サンプルプレゼンテーション: ​両面光源
  • 波長: 近赤外光+可視光
ProxiMate™

Extreme robustness

ProxiMate is designed to work effectively in the most adverse conditions. Measurements are unaffected by temperature or humidity fluctuations. The instrument can be placed where results matter: right next to the production line. With IP69 ingress protection, ProxiMate can be pressure-hosed down to meet even the most stringent hygiene standards.

Extreme robustness

Simple operation

Easily operate ProxiMate, a NIR instrument for the harshest environments, via an intuitive, modern touchscreen interface. The touchscreen follows the proven interface logic of BUCHI products, so anyone can easily set up applications, test samples or set preferences.

Simple operation

Applicative fit

BUCHI application chemists have developed many ready-to-use pre-calibrations for the main food and feed industries. Whether you are analyzing cheese, milk powder or minced meat, you can effortlessly set ProxiMate up to get accurate results, regardless of your level of expertise.

Applicative fit

特徴

  • ProxiMateは、その他の生産ラインで使用される装置や機械と同じ手順で、耐圧ホースを使用して水をかけることができます。この装置は完全な防塵防水仕様であり、食品製造分野での衛生のために一般に使用されている洗剤での洗浄に耐えることができます。ProxiMateは、スイスの食品衛生管理機関であるHALAGによって評価され、衛生設計に関する指針に適合していることが認定されています。
    IP69認定および衛生設計
  • 試料には多種多様なタイプがあるため、実用的な制約に応じて最適な結果を得るための測定方法を選択する必要があります。ProxiMateでは、サンプルの上から(見下ろす)でも下から(見上げる)でも測定できるため、最適のアプローチが可能です。
    上下からの測定​
  • ProxiMateはすべて工場で標準化できます。分析計からコピーしたキャリブレーションは、他の分析計でも同じように機能します。この機能は特に、同じ施設内で複数の分析計を使用する場合、あるいは別々の工場で同じ製品を生産する場合に重要になります。分析計の標準化は、生産現場を問わず製品の一貫性の改善につながります。
    装置の標準化
  • Maximum NIR efficiency for minimal effort. Realize the full potential of your BUCHI ProxiMate by effortlessly connecting all your units to BUCHI Flux via the intuitive Flux Console. Learn more 

Compare the ProxiMate™

  • ProxiMate

    • Optic setup : Up and Down view
    • Sampling technique : Diffuse reflection / Transflection
    • Spectral range : -
    • IP module : ip69
    • Sample carrier size : large
    • Standardization : ip69
  • ProxiMate

    • Optic setup : Down view
    • Sampling technique : Diffuse reflection
    • Spectral range : -
    • IP module : ip69
    • Sample carrier size : small
    • Standardization : ip69
  • ProxiMate

    • Optic setup : Up and Down view
    • Sampling technique : Diffuse reflection / Transflection
    • Spectral range : -
    • IP module : ip69
    • Sample carrier size : large
    • Standardization : ip69
  • ProxiMate

    • Optic setup : Down view
    • Sampling technique : Diffuse reflection
    • Spectral range : -
    • IP module : ip69
    • Sample carrier size : small
    • Standardization : ip69

ダウンロード

参考資料

アプリケーション

生産性および品質の向上を実現

食品の製造における一般栄養成分の分析から医薬品の品質管理まで、業務のニーズを満たす広範な NIRSolutionsTMを用意しています。
  • 食用油

    食品の例: パーム油およびオリーブ油(原油および精製油):ペラ粕などの油粕、さらにその他の植物油や動物油脂。測定項目の例: 水分、POV、遊離脂肪酸(FFA)および残油分。用途と利点: 粉砕前の油糧種子の確認, 生産工程の監視, 最終製品の特定パラメーターの確認。

    食用油
  • 乳製品

    食品の例: ヨーグルト、チーズ、バター、粉乳。測定項目の例: 水分、固形分、脂肪、たんぱく質、。乳糖。用途と利点: 最終製品および中間製品の測定 ​, 工程の最適化, 最終製品の品質管理。

    乳製品
  • 飼料

    食品の例: 配合飼料(反芻動物、豚、家禽、濃厚飼料)、穀物、穀物かす、外皮やふすまなどの飼料原料 測定項目の例: 水分、脂肪、たんぱく質、繊維、灰分 用途と利点: 適切な最終混合製品を得るための原材料の確認, ProxiMateは受入製品の計量台に配置すると便利です。

    飼料
  • 穀物

    食品の例: 小麦、大麦、トウモロコシ(コーン)、穀物、小麦粉、セモリナ粉などの全穀物。測定項目の例: 水分、たんぱく質、脂肪、灰分、。でん粉、グルテン。用途と利点: 混合する粉体の決定 ​, 最終製品内の特定成分の管理。

    穀物
  • 食肉

    食品の例: 牛、豚、鶏、魚介類、ソーセージ。測定項目の例: 水分、たんぱく質、脂肪、コラーゲン。用途と利点: 屠殺場での迅速な判断​, 生産中の配合処方の最適化 ​, パッケージング段階での物品検査。

    食肉