Rotavapor® R-300

操作性に優れた高効率ロータリーエバポレーター

R-300は、最高レベルの利便性および汎用性を備えています。Rotavapor® R-300(ロータリーエバポ レーター)は、モジュール式デザインにより、インターフェースコントローラーを用いることで各装置を統 合されたシステムとして集中制御することが可能となっています。

  • 蒸留フラスコのサイズ: 50~5,000 ml
  • リフト機構: 手動または自動
  • 温度範囲: 20 ℃~220 ℃
Rotavapor® R-300

スマート蒸留

  • 日々向上する蒸留プロセス性能
  • BUCHIクラウドサービスによる生産性の向上、プロセスの合理化、およびセキュリティの向上
  • 無人運転
  • メソッドの作成と実行
スマート蒸留

優れた柔軟性

  • ニーズに応えるモジュール設計
  • さまざまな用途に対応する豊富なアクセサリー
  • インターフェースの柔軟な配置
  • 遠隔モニタリングで時間を節約
優れた柔軟性

今までにない利便性

  • ワンタッチコマンドによる直感的なシステム操作
  • コンビクリップによりフラスコの取り扱いが簡単
  • リアルタイムのシステム制御により対応時間を短縮
  • ラベル表示付きガラスで安全性を向上
今までにない利便性

特徴

  • I-300 Proを使用すると、蒸留条件をプログラミングしたメソッドを作成することができ、次にその手法をグラフ表示することでエラーのリスクを減らすことができます。
  • PCやモバイル機器向けのBUCHI Monitor Appには、蒸留条件のリアルタイム表示やグラフィック表示、および対処が必要なときのプッシュ通知が用意されており、装置の操作時間を大幅に削減し、他の作業のために貴重な時間を割り当てることができます。
    遠隔モニタリングで時間を節約
  • システムがモジュール構造であるため、ユーザーは個々のアプリケーションと予算に応じて、個別化されたプラットフォームを作成することができます。
    ニーズに応えるモジュール設計
  • 最先端のBUCHIクラウドサービスにより、モバイル端末で装置の状態を確認することができ、ボタンを押すだけで無料のアップデートが可能となります。最新のセルフサービスツールにより装置の稼働時間をアップします。
    BUCHIクラウドサービスで、生産性の最適化とプロセスの合理化とセキュリティの向上を!
  • 最先端のセンサーにより、装置の操作時間をほんのわずかにすることができます。
    蒸留プロセスを自動運転で

Compare the Rotavapor® R-300

  • Rotavapor R-300 System Professional

    • : 5 l
    • : 3 kg
    • : 220 °C
    • : 10-280 rpm
    • : -
    • : はい
    • : はい
  • Rotavapor R-300 System Advanced

    • Maximum evaporation flask size : 5 l
    • Maximum flask capacity : 3 kg
    • Maximum heating bath temperature : 220 °C
    • Rotation speed range : 10-280 rpm
    • Interface : -
    • Vacuum pump : はい
    • Recirculating chiller : いいえ
  • Rotavapor® R-300 Basic

    • Maximum evaporation flask size : 1 l
    • Maximum flask capacity : 3 kg
    • Maximum heating bath temperature : 95 °C
    • Rotation speed range : 10-280 rpm
    • Interface : -
    • Vacuum pump : いいえ
    • Recirculating chiller : いいえ

ダウンロード

参考資料

アプリケーション

数十年の経験がもたらす利点

1957年、ビュッヒは世界初のロータリーエバポレーターをに発売しました。高度の技術と長年の経験により、Rotavapor®(ロータリーエバポレーター)は、完全に統合された高度なシステムへと進化を遂げています。当社の慎重に考案されたソリューションは、さまざまな産業分野における、R&Dや品質管理(QC)のどちらのニーズにも幅広く対応することができます。
  • 化学

    品質管理およびR&Dラボの日常業務に:濃縮, 還流反応, 再結晶, 昇華。

    化学
  • 環境分析

    環境分析のための前処理に:ソックスレー抽出, 濃縮。

    環境分析
  • 教育・研究

    大学教育での種々の応用に:多様な蒸留アプリケーション

    教育・研究
  • 医薬

    品質管理での様々な応用、R&D部門での実験室規模の調合品開発のために:蒸留, 濃縮, 乾燥

    医薬
  • 食品・飲料

    食品飲料工業での品質管理、新規成分の開発に:蒸留, 濃縮, 乾燥。

    食品・飲料
  • 飼料

    飼料工業での品質管理、新規成分の開発に:蒸留, 濃縮, 乾燥

    飼料