Pure Chromatography Systems

あなたのニーズと環境にフィット

分取クロマトグラフィーシステム Pureシリーズは、非常にコンパクトで、高い安全性と使いやすさを実現し、フラッシュと分取HPLCアプリケーションに対応しています。省スペースで独特の本体構造によりオペレーターと試料を守り、簡単操作でより良い結果を得ることが出来ます。

  • 検出: UVおよびELSD
  • ポンプ: フラッシュおよび分取HPLCモード
  • システムデザイン: コンパクトな全自動
Pure Chromatography Systems

省スペース

  • Pureはコンパクトなデザインで複数の機能を備えているため、多くの機器を置けない環境にも適しています。
    • 溶媒容器を装置上部に置ける設計
    • カートリッジ/カラムのホルダーを前面に配備
    • 2種類の検出器を統合(UV検出器とELSD)
    • 1台のシステムでフラッシュと分取HPLCに対応可能
省スペース

安全な運転

  • Pureには安全性のための数多くの最先端技術が取り入れられています。
    • フラクションコレクターからの溶媒蒸気の拡散を防ぐ構造
    • リークおよび圧力のセンサーを装備
    • 離れた場所からの制御が可能
  • 安全な運転

    使いやすさ

    • 使いやすさは、Pureの最大の特長です。
      • 分かりやすいソフトウェア
      • 専用設計で一体型のELSD
      • 汎用タイプのカートリッジ接続ポート
      • 洗浄や整備が行いやすい構造
    使いやすさ

    特徴

    • カートリッジ/カラムホルダーの位置が装置の前面なので、作業がやりやすい上に、装置側面の空きスペースを有効活用できます。
      カートリッジホルダー
    • 溶媒容器を装置の上部に4本置くことが可能で、省スペース化に大きく貢献しています。
      溶媒容器台
    • Pureなら、フラクションコレクターに換気エンクロージャーが搭載されているので、ヒュームフードの外側に設置した場合でも安全な運転操作が可能です。
      換気エンクロージャーで、ラボの空気をクリーンに
    • Pureは、溶媒蒸気、送液ラインの圧力、溶媒容器の液量センサーを標準装備して、精製運転中に常時モニタリングをしています。これにより、使用者、試料、装置の全てが高水準で保護されます。また、カートリッジとラックには自動認識のためのRFID技術が採用され、例えば誤った運転設定によって最大圧力を超えてしまうような事故は起こりません。
      モニタリングおよび自動設定で安全
    • 試料のローディングの手法はアプリケーションによって様々ですが、Pureでは液体と固体のどちらのローディングに対しても使いやすいモードが用意されています。ユニバーサルなカートリッジホルダーを採用しており、カートリッジへのローディングの方向は、上と下の両方とも対応しています。
      フレキシブルな試料のローディング手法
    • Pureシリーズは、安全かつ容易に操作できます。設定と運転は同一の画面でシンプルに行う事が可能なので、運転操作の習得には時間がかかりません。ワンクリックによるフラッシュと分取HPLCモードの切り替え、グラジエント作成の支援機能(Pure NAVIGATORソフトウエア)、運転中でも変更可能なパラメーター、ラックとカートリッジの自動認識(RFID)などの多彩な機能によって、使用者の技量や知識を問わず、最高レベルでの精製の実現をサポートします。
      覚えやすい操作のソフトウェア

    Compare the Pure Chromatography Systems

    • Pure C-815 Flash

      • Mode : Flash
      • Flow rate (flash mode) : 250 mL/min
      • Flow rate (prep HPLC mode) :
      • Pressure range (flash mode) : 0 – 50 bar
      • Pressure range (prep HPLC mode) : -
      • UV scan function : はい
      • UV - Vis wavelength range : 200 ─ 800 nm
      • ELSD : はい
    • Pure C-810 Flash

      • Mode : Flash
      • Flow rate (flash mode) : 250 mL/min
      • Flow rate (prep HPLC mode) :
      • Pressure range (flash mode) : 0 – 50 bar
      • Pressure range (prep HPLC mode) : -
      • UV scan function : はい
      • UV - Vis wavelength range : 200 ─ 800 nm
      • ELSD : いいえ
    • Pure C-805 Flash

      • Mode : Flash
      • Flow rate (flash mode) : 250 mL/min
      • Flow rate (prep HPLC mode) :
      • Pressure range (flash mode) : 0 – 50 bar
      • Pressure range (prep HPLC mode) : -
      • UV scan function : いいえ
      • UV - Vis wavelength range : 200 ─ 400 nm
      • ELSD : いいえ
    • Pure C-850 FlashPrep

      • Mode : Flash & prep HPLC
      • Flow rate (flash mode) : 250 mL/min
      • Flow rate (prep HPLC mode) : 100 mL/min
      • Pressure range (flash mode) : 0 –50 bar
      • Pressure range (prep HPLC mode) : 0 – 300 bar
      • UV scan function : はい
      • UV - Vis wavelength range : 200 ─ 800 nm
      • ELSD : はい
    • Pure C-835 Prep

      • Mode : Prep HPLC
      • Flow rate (flash mode) : 100 mL/min
      • Flow rate (prep HPLC mode) : 100 mL/min
      • Pressure range (flash mode) : -
      • Pressure range (prep HPLC mode) : 0 – 300 bar
      • UV scan function : はい
      • UV - Vis wavelength range : 200 ─ 800 nm
      • ELSD : はい
    • Pure C-830 Prep

      • Mode : Prep HPLC
      • Flow rate (flash mode) : 100 mL/min
      • Flow rate (prep HPLC mode) : 100 mL/min
      • Pressure range (flash mode) : -
      • Pressure range (prep HPLC mode) : 0 – 300 bar
      • UV scan function : はい
      • UV - Vis wavelength range : 200 ─ 800 nm
      • ELSD : いいえ
    「ELSD機能は非常に重要であり、またフラッシュとHPLC分取システムが統合されていましたシステムになっています。 また揮発溶媒換気システムにより、ドラフト外での設置も可能になりました。これは私たちのスペースの少ないラボにおいては重要なことでした。」 Tze Chieh Shiao, Scientific Director Chemistry, - Glycovax Pharma Inc.

    ダウンロード

    参考資料

    アプリケーション

    合成や抽出から純化合物の分離まで

    40年以上前から、ビュッヒの分取クロマトグラフィーシステムは、高価値製品の精製に広く使用されてきました。原薬(API)や特殊化学品などの化合物は有機合成や抽出によって生成されます。完成品は絶対に、より濃縮され純度が高くなったものでなければなりません。ビュッヒの精製ソリューションは、数ミリグラムから数百グラムまでの化合物を精製することができます。広範な高性能消耗品を取り揃え、ビュッヒはお客様の精製ワークフローに合った最適なソリューションをお届けします。
    • 教育・研究(クロマト)

      分取クロマトグラフィー教育 合成。抽出後の精製。

      教育・研究(クロマト)
    • 化学品(クロマト)

      合成後の精製 組成物から化合物の分離。

      化学品(クロマト)
    • 医薬品(クロマト)

      有機合成した原薬の精製(医薬品化学)天然物のスクリーニング 抽出後の成分分離バイオテクノロジー 発酵プロセス後の精製

      医薬品(クロマト)
    • 食品(クロマト)

      機能性 天然物からサプリメント成分の分離

      食品(クロマト)