ProxiMate

最も過酷な環境用の近赤外分析計

ProxiMate_BUCHI_NIR
ProxiMate_BUCHI_NIR_back
BUCHI_ProxiMate

ProxiMateは、食品や飼料の迅速成分分析のために新たに開発された近赤外分析計です。頑強でコンパクトなデザイン、および、直感的な操作画面は製造現場での使用に最適です。頑強でコンパクトなデザイン、および、直感的な操作画面は製造現場での使用に最適です。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

高い実用性

  • BUCHIの応用化学者が、主な食品および飼料業界向けに多数のすぐに使えるプレキャリブレーションパッケージを開発しています。煩雑な設定も不要で、誰でも簡単に成分分析を実施することができます。誰でも正確な結果を得ることができます。

卓越した頑丈さ

  • ProxiMateは最も過酷な条件でも有効に機能するように設計されています。測定は温度や湿度の変動による影響を受けません。分析計は、結果が重要視される 生産ラインのすぐ隣に配置することができます。ProxiMateは、IP66の保護等級を備え、高圧洗浄が可能なため、最も厳格な衛生基準も満たすことができます。

シンプルな操作

  • ProxiMateは、直観的なタッチスクリーン操作に対応しています。タッチスクリーンはその他のBUCHI製品で実証されているインターフェイスロジックを採用しているため、アプリケーションのセットアップ、試料のテスト、基本設定を誰でも簡単に行なえます。
特徴
Up & Down view

上下からの測定​

試料には多種多様なタイプがあるため、実用的な制約に応じて最適な結果を得るための測定方法を選択する必要があります。ProxiMateでは、サンプルの上から(見下ろす)でも下から(見上げる)でも測定できるため、最適のアプローチが可能です。

Instrument Standardisation

装置の標準化

ProxiMateはすべて工場で標準化できます。分析計からコピーしたキャリブレーションは、他の分析計でも同じように機能します。この機能は特に、同じ施設内で複数の分析計を使用する場合、あるいは別々の工場で同じ製品を生産する場合に重要になります。分析計の標準化は、生産現場を問わず製品の一貫性の改善につながります。

IP66 certification and Hygenic Design

IP66認定および衛生設計

ProxiMateは、その他の生産ラインで使用される装置や機械と同じ手順で、耐圧ホースを使用して水をかけることができます。この装置は完全な防塵防水仕様であり、食品製造分野での衛生のために一般に使用されている洗剤での洗浄に耐えることができます。ProxiMateは、スイスの食品衛生管理機関であるHALAGによって評価され、衛生設計に関する指針に適合していることが認定されています。

あわせてご使用ください

ProxiMate_BUCHI_NIR
ProxiMate_BUCHI_NIR_back
BUCHI_ProxiMate
ProxiMate_BUCHI_NIR
ProxiMate_BUCHI_NIR_back
BUCHI_ProxiMate