BUCHI Update on SARS-CoV2 (Corona)

Read Now close

Recirculating Chiller F-305 / F-308 / F-314

高効率の冷却

Recirculating Chiller F-305 / F-308 / F-314

Recirculating Chiller F-305 / F-308 / F-314(低温循環水槽)は、ラボ用の装置であるロータリーエバ ポレーター、多検体エバポレーター、ケルダール製品、抽出製品などとの連携に特化してデザインされてい ます。Rotavapor® R-300(ロータリーエバポレーター)システムと併用することにより、集中制御(温度設 定)、省エネのエコモード、自動開始/停止などの便利な機能を使用することができます。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

高効率

  • BUCHI製ロータリーエバポレーターシステムとの使用による高効率の蒸留
  • Rotavapor R-300(ロータリーエバポレーター)システムでの自動的かつ動的な圧力制御により、ヒーティングバスおよび低温循環水槽が設定温度に達するの待たずに、すぐに蒸留を開始でき時間 を節約可能

環境の保護

  • エコモード:使用しないときには待機モードに移行し、エネルギーを節約し、熱の放出を抑制
  • 水道水の代替使用により水の消費を抑制。
  • Interface I-300 / I-300 Pro(インターフェース)を使用して、すべてのパラメーターを集中制御 することにより蒸留作業を最適化

双方向通信

  • 下記製品とのプラグアンドプレイによる簡単な接続
    • すべてのパラメーターを含む完全な自動BUCHI Rotavapor® R-300(ロータリーエバポ レーター)システム
    • BUCHI製抽出およびケルダールソリューション
Features

動的蒸留で時間を節約

冷却装置をインターフェースI-300/I-300 Proに接続すると、冷却装置の設定温度に達するまで圧力設定が動的に調整されるため、直ちに蒸留を始めることができます。待ち時間が解消され、貴重な時間を節約することができます。

プロセスの環境への影響を抑制

冷却装置は閉ループを備えた循環システムで構成されているため、常に同じ冷却液を使用することで、浪費を解消し、持続可能性を高め、コスト効率を向上します。

暑い夏でも再現性を持続

季節に関係なく、冷却液を一定の温度に維持することにより、蒸留プロセスの効率と再現性が向上します。

温度ロック

ダイヤルを押すことによって設定温度をロ ックし、意図しない変更を防止します。

水と消費電力の節約

インターフェースのECOモードと組み合わせることで、設定した時間が経過した後に蒸留が行われない場合、冷却装置を待機モードにして消費電力と水を節約することができます。

ナビゲーション

低温循環水槽、またはInterface I-300 / I-300 Pro(インターフェース)上で簡単 に冷却温度を設定できます。

Additional features
Rotavapor R-300

Rotavapor® R-300 - 優れた柔軟性と利便性

R-300は、より柔軟な蒸留性能を発揮するモジュラーシステムです。コンデンサー、加熱バス、ガラス製品など、豊富なパーツを備えており、個別のニーズに合わせてシステムをカスタマイズできるようになります。

Rotavapor® R-300

i300 i300 pro interfaces Rotavapor

インターフェースI-300/I-300 Pro - 短時間で高精度を実現するスマートシステム制御

Rotavapor®システムのすべてのパラメーターは、インターフェースを使用して自動的に制御できるため、精度が向上し、システムの無人運転が可能になります。離れた場所で監視できるので、プロセスの時間効率が最適化されます。

Interface I-300

Interface I-300 Pro

Vacuum Pump V-300 / V-600

真空ポンプV-300/V-600 - 正確な圧力制御により安定した蒸留を実現

環境に優しい真空ポンプはスピードコントロールによって圧力を調整し、より均一な蒸留を実現します。静音構造のポンプには2つのサイズが用意されており、高沸点溶剤と低沸点溶剤の蒸留が可能となり、より柔軟にプロセスを選択することができます。

Vacuum Pump V-300 / V-600