JP-JA

«デュマ法 たんぱく質定量» ソリューション

デュマ法: 無人運転と「ランダムアクセス」

Dumas_Solution_lab

QCやラベル表示のために、マトリックスの変化が少ない大量のサンプルを処理しなければならない方にとってソリューション «デュマ法 たんぱく質定量» は8時間で最大で120点のサンプルを処理できる方法です。操作はとても簡単で、夜通し自動運転で分析を実施することも可能です。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

高速

  • 一般的な分析時間はサンプル1点あたり4~6分です。
  • 疑わしいサンプルの再測定も迅速
  • 内蔵のオートサンプラーはサンプル(最大1 g)60点を処理でき(最大300 mgを120点のオプションもあります)、8時間のシフトで最大120点のスループットが達成できます。

使いやすさ

  • 従来のバッチ方式と異なり、極めて自由度の大きいPC制御のサンプリング方式を採用しているため、サンプルの追加や除去が随時可能です(「ランダムアクセス」と呼んでいます)。
  • オートサンプラーではサンプルの積み重ねが不要であるため、無人運転、夜間運転が可能です。
  • ガスの流量や圧力など、すべての機能がデジタル制御され、漏れチェックもコンピュータ支援が可能となっています。

安全性

  • 有害化学物質と直接接触することがありません。
  • 装置が十分に断熱保護されており、かつPCソフトウェアのみで運転されるため、火傷の心配がありません。

BUCHIのお客様

"On-site, rapid and accurate determination of protein has proved invaluable and compliments our NIR detection systems. It has been especially useful for our wet fresh meat samples and QC throughout our meat kitchens and Freshtrusion production facility. I would recommend the equipment."

James Lawson
Joint MD GA Pet Food Partners, United Kingdom
対応範囲
D-480_PC
D-480_load

サービスおよびサポート

  • 個別的な適用支援
  • IQ/OQ書類および予防的メンテナンス
  • 実践的なワークショップ、トレーニング、セミナー
  • 現地サポートによる最短のダウンタイム