JP-JA

現在地

ソリューション «Direct Distillation»

水蒸気揮発性化合物の半自動直接蒸留装置

K-360_easy_handling

実験室の限られたスペースの中で様々な試料を扱い、直接蒸留の条件を分析対象に応じて変更しなければならない場合があります。当社は各種の水蒸気揮発性化合物に対応でき、外部の滴定装置と直結可能なモジュール方式の装置を提供しています。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

応用範囲

  • アルコール、TVBN、揮発性酸、フェノールなどの水蒸気揮発性化合物の分離には、あまり強くない水蒸気を用いて蒸留するのが最適です。
  • オプションとしてプログラム可能な反応段階を利用すれば、硝酸塩、亜硝酸塩の還元も可能です。
  • 蒸留管にリン酸などの強酸を自動的に直接添加することによって、SO2またはホルムアルデヒドが完全に留出します。

操作しやすく再現性が高い

  • 蒸気制御、還元、強酸添加量を含むテイラーメイドのメソッド50本により各種試料マトリックスに対応。BUCHI承認済みのすぐ使えるアプリケーションノートにより再現性ある操作が可能
  • 各種滴定装置との接続が可能なため手作業が減り、記録やLIMSの統合が可能
  • デバルダ法における飛散防止装置により発泡の著しい試料でもキャリーオーバーがない

柔軟かつ安全

  • ケルダール法と直接蒸留の切り替えが容易で面倒な容器つなぎ替え作業が不要
  • 有害化学薬品の手作業による添加が不要。冷却剤の自動制御
対応範囲
Kjeldahl_application_support

サービスおよびサポート

  • 参考アプリケーションの網羅的リスト
  • カスタマイズしたアプリケーションのサポート
  • 正式のIQ、OQ、PQ記録
  • アプリケーション開発に有用なツール
  • 実践的なワークショップ、トレーニング、セミナー
  • IQ/OQ/PQを含む予防的メンテナンス
  • サービスホットラインによるダウンタイムの最小化