UniversalExtractor E-800

マルチタスクでパワフルな抽出装置

UniversalExtractor E-800

弊社マルチソックスレー抽出装置E-800は、いかなるお客様のご要求にも完璧に応える事が出来る様に設計されました。6連のそれぞれが個別の抽出条件設定及び抽出方法が可能。高速ヒーターの採用、最先端の抽出プロセスコントロール機能のコンビネーションにより、最速、且つ、高精度の再現性を実現致しました。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

マルチタスク対応

  • 6つの異なる抽出位置で、個別のプロセス制御および異なる抽出方法の同時操作が可能
  • 複数の抽出操作の同時実行が可能
  • より迅速なメソッドの開発とサンプル処理量の向上の達成

抽出物保護センサー

  • 特許出願中の抽出物保護機能は、溶媒容器内の溶媒が少量でも検知可能で、抽出物の高い回収率を実現
  • あらゆるプロセスステップで熱に弱い抽出物の劣化と分解を阻止
  • 安全で再現性のある抽出濃度を維持

完全に不活性な状況で抽出物に対して最大限の安全性を確保

  • UniversalExtractor E-800(マルチソックスレー抽出装置)内でサンプルと溶媒に接触しているコンポーネントはすべて不活性な物質で製造
  • サンプルの汚染、および浸出物質によるメモリー効果を排除
  • すべてのプロセスステップ(抽出、リンス、乾燥)で選択できる不活性ガス供給によって、抽出物の酸化を防止
  • 不活性ガスは、抽出物保護センサーが作動すると自動的にスイッチが起動

柔軟なアプリケーション

  • 1つのユニバーサルガラス部品で、異なる5つの抽出方法を利用可能。高い回収率と結果のばらつきの抑制を実現するために、最適な抽出方法を選択可能
  • 低濃度のサンプル向けに、抽出に使用するサンプルの量を60%増加させることが出来る大容量サンプル用(LSV)ガラス部品
  • 水やトルエンといった高沸点の溶媒に対しても、迅速で均一の加熱

 

Features
Optimal sample size

最適なサンプル量

大型の抽出容器とビーカーを備えたLSVガラス部品は、分析の検出限界に到達するために必要となります。主なガラス部品は、60%拡大されています。

High performance condensers

高性能なコンデンサー

大型コンデンサーによって、溶媒の蒸気を効率的に捕集し、揮発性溶媒に対しても最高の溶媒回収率(90%以上)を達成します。あらゆる溶媒の蒸気の放出を防ぎ、ドラフト外の操作でも溶媒臭が気になりません。

Full visibility

完全な可視化

抽出プロセス全体を目視可能です。ガラス部品は扱いやすく、クリーニングおよびオーブン内の除染(450℃以上でベークアウト)のために分解できます。

抽出物保護センサー

ビーカー内の溶媒レベルを監視して、溶媒がなくなるのを防ぎます。熱に弱い抽出物に対してより安全なプロセスであり、かつ最適な保護です。

Additional features
UniversalExtractor E-800 ECE

マルチソックスレー抽出装置E-800 ECE

マルチソックスレー抽出装置E-800 ECEは、品質管理のためにさまざまなサンプルを経済的かつ迅速に抽出するように設計されています。 6つの異なる抽出位置により個々の工程管理が可能になり、自動連続抽出法は、簡単な方法選択および容易な操作を確実にします。変動の少ない高抽出効率と溶媒消費量の削減により、コスト削減が保証されます。

UniversalExtractor E-800 Standard

マルチソックスレー抽出装置E-800 スタンダード/LSV

マルチソックスレー抽出装置E-800 スタンダード/LSVは、要求の厳しい抽出作業に最適です。 6つの異なる抽出位置により、個々のプロセス制御と異なる抽出方法の同時操作が可能になります。 LSV(大サンプル容量)バージョンでは、分析対象物の要求される検出限界を達成するために必要なより高いサンプル量の使用が可能になります。

UniversalExtractor E-800 Pro

マルチソックスレー抽出装置E-800 Pro/LSV

UniversalExtractor E-800 Pro / E-800 Pro LSVは、要求の厳しい抽出作業に最適です。抽出位置によって自由に選択可能な5つの異なる抽出方法をサポートします。高速ヒーターおよび抽出チャンバーヒーターと洗練されたプロセス制御を組み合わせることで、最速かつ最も再現性の高い抽出プロセスが可能になります。 LSV(大サンプル容量)バージョンでは、分析対象物の要求される検出限界を達成するために必要なより高いサンプル量の使用が可能になります。