BUCHI Update on SARS-CoV2 (Corona)

Read Now close

新製品 『大型ロータリーエバポレーターR-250Pro』発売開始

従来の安全性と耐久性はそのままに、使い勝手が飛躍的にパワーアップ! 新しい50L産業用エバポレーター

06.04.2021

日本ビュッヒ株式会社は、『大型ロータリーエバポレーター R-250 Pro』を発表しました。

50リットル容量の産業用ロータリーエバポレーター R-250 Pro型は、従来シリーズのR-250型をアップデートしたタイプとなります。

 

新システムは、独自の操作コンセプト、ビュッヒならではの高い品質、多くの安全機能、堅牢な設計により、大規模なロータリーエバポレーションの厳しいワークフローを改善します。卓上型のロータリーエバポレーター R-300から、産業用の20リットルタイプのR-220 Pro、そして今回の新製品のR-250 Proまで、同じインターフェースを採用しているため、スケールアップが容易です。

 

ビュッヒの様々なロータリーエバポレーターシリーズと同様に、堅牢性、スイス製の高品質、使いやすさは変わらず、あらゆる規模のエバポレーション規模にあわせて優れた性能を発揮します。「ロータリーエバポレーター R-250 Proは、自動化と使いやすさを向上させる機能を備えた先進的な技術で、産業用ロータリーエバポレーターをより安全で信頼性の高いものにしています」と、この商品のプロダクトマネージャーであるラルフ・ウンターナーラーは述べています。

新たに開発されたOpen Interfaceとビュッヒクラウドサービスにより、デスクトップコンピュータ、ノートパソコン、モバイル機器を使ってロータリーエバポレーターのリモートコントロールとモニタリングが可能になりました。主要なプロセスパラメータの便利なプッシュ通知、予知保全、ファームウェアの簡単なアップデート、データロギングオプションにより、ユーザーエクスペリエンスが向上し、エラーやダウンタイムのリスクを最小限に抑えることができます。フォームセンサー、レベルセンサー、冷却温度センサーで構成されるビュッヒのセンサー技術により、無人での蒸留も可能となり、ユーザーの安全性を最大限に高めることができます。

見やすい7インチ(17,78cm)ディスプレイに加え、8.7インチ(22cm)の静電容量式タッチスクリーンを搭載し、すべてのプロセスパラメーターを包括的に把握することで、直感的な操作が可能です。タッチスクリーンでは、すべての設定と現在の測定値を簡単に表示でき、プロセス履歴グラフも表示できます。この機能は、メソッドやSOPの作成・編集に最適なツールです。この装置は、コーティングされた安全なガラスと、過温や過圧制御などのいくつかの内蔵安全機構により、最高の安全性を提供します。高品質な素材を使用しているため、長時間稼働の過酷な生産環境下でも長い耐用年数を実現しています。

製品ページはこちら

 

ビュッヒは、医薬品、化学品、食品・飼料、飲料、環境分析、学術など、さまざまな分野の研究開発、品質保証、生産のためのラボソリューションにおいて、80年以上に渡る長い実績と経験を持ち、操作性の良い高品質なラボおよびインプロセスソリューションにより、人と環境の健康、安全、幸福に貢献しています。世界中のビュッヒスペシャリストが、お客様のアプリケーションに最適なソリューションを見つけるためにサポートしています。