JP-JA
装置の校正は不要です。NIRに関しては、「校正」という用語は2つの異なった意味で使用されます。
  • BUCHIの装置は、他のNIR装置とは異なり、恒久的にアラインメントが取れた光学系と波長標準のレーザーおよび内蔵標準物質によって正確性が保証されているため、校正は不要です。
  • 近赤外分光法では、通常は、サンプルのデータを解析するための検量線モデルが必要です。このモデルを、アプリケーションの構築時に作成する必要があります。BUCHIのNIRCal® ソフトウェアを使用して、NIRデータと分析値付きサンプルを関連付けることにより、堅実で信頼性の高い検量線モデルを簡単に作成することができます。