Chromapedia Vol. 4

クロマペディア第4巻: 

フラッシュ分取、HPLC分取における分取メソッド開発

精製前にサンプルの溶解性と分離挙動を注意深く分析することで、効率的で再現性のある結果を得ることができます。理想的な条件が見つかったら、フラッシュ分取、HPLC分取、または両方の組み合わせで、スケールアップを簡単に実現できます。

メソッド開発のすべてのステップを学ぶために本ガイドブックを参考してください。
主な内容は:
 

  • 精製方法の選択(フラッシュ分取またはHPLC分取)
  • サンプルの溶解性確認
  • 分離に適した条件のスクリーニング(移動相および固定相)
  •  フラッシュ分取またはHPLC分取へのスケールアップ
  • 良好な分離度条件設定 

このガイドブックを活用して、皆さまのサンプルに対して、時間と労力を低減した最適メソッドを開発しましょう!

まずは、「クロマペディア第3巻」を読んで頂き、より良い分離結果を得るメソッドためのノウハウを確認してください。

 
1 Start 2 Complete
いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応や今後のビュッヒからのご案内(セミナー、ウェビナー、アプリケーション情報など)にのみ使用させていただきます。 弊社の個人情報に関する取り扱いについては「プライバシーポリシー」をご覧ください。