“色探偵”バートを見つけましたか?

彼はここにいますよ!

クロマペディア第1巻 『分取クロマトにおける検出メソッド』

知識を得て、クロマトグラフィーの検出に関する知識を高めましょう!

精製している化合物に関する定量的な情報が必要です。
揮発性物質を検出する必要があります。
分離する化合物の構造情報を取得する必要があります。
分子の極微量を検出する必要があります。

クロマペディア第1巻 『分取クロマトにおける検出メソッド』では、クロマトグラフィーにおける最新の検出方法についてご紹介しています。

以下の詳細、利点や問題点を確認してみましょう。

  • UV検出
  • ELSD
  • MS検出
  • RI検出
  • 蛍光検出

さまざまな検出方法の利点や問題点を確認しましょう。

クロマペディア第1巻 『分取クロマトにおける検出メソッド』を手に入れて、検出のヒントにしてください!

 
1 Start 2 Complete
いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応や今後のビュッヒからのご案内(セミナー、ウェビナー、アプリケーション情報など)にのみ使用させていただきます。 弊社の個人情報に関する取り扱いについては「プライバシーポリシー」をご覧ください。