JP-JA

Dehumidifier B-296(除湿装置)

再現性のある噴霧乾燥条件を提供

Dehumidifier B-296

Dehumidifier B-296(除湿装置)は、水系サンプルの噴霧乾燥における再現性の向上させるためと、水・有機溶媒の混合物を連続的に処理するためのアクセサリーです。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

パフォーマンス

  • Inert Loop B-295(イナートループ)との併用で、有機溶媒と水の混合物を連続処理
  • Spray Chilling(噴霧冷却)の時の冷風供給装置として
  • 運転中の温度と湿度の表示

再現性のある条件

  • 条件最適化の時間を短縮
  • スプレードライヤーの乾燥能力を増大
  • 湿度の高い場所に最適

簡単操作

  • 簡単な設置および設定
  • 自動運転により設定操作は不要
  • メンテナンスの手間を軽減
特徴
Dehumidifier B-296

Dehumidifier B-296(除湿装置)の機能

Dehumidifier B-296(除湿装置)は、さまざまな目的に使用できます。まず、噴霧乾燥を行うための乾燥用空気の除湿に使用することができ、気候や天候で湿度が変動するような環境でも、BUCHI製スプレードライヤーを使用して、再現性に優れたスプレードライを実現することができます。次に、Dehumidifier B-296(除湿装置)を使用して、Spray Chilling(噴霧冷却)アプリケーション用の空気の冷却を行うことができます。また、この除湿装置を使用して、有機溶媒および水との混合物の噴霧乾燥を行うこともできます。また、有機溶媒・水混合物の噴霧乾燥の際に、Inert Loop B-295(有機溶媒回収装置)と併用することにより、混在する有機溶媒と水の蒸気を最も効率よく回収した形でのスプレードライが可能となります。