JP-JA

«振動滴下 ドライ» ソリューション(100~1000 μm)

乾燥によりビーズやカプセルを形成

Encapsulator B-390

乾燥したポリマーまたはワックスをマトリックスとして各種材料をカプセル化したい方へ。Encapsulator B-390(カプセル化装置)またはEncapsulator B-395 Pro(カプセル化装置)とRotavapor® system R-215(ロータリーエバポレーター)との組み合わせが理想的なソリューションです。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

効率性

  • サイズが制御されたビーズ、カプセルを形成
  • 形成に引き続いて乾燥処理
  • 人間工学デザインにより洗浄時間、セットアップ時間を短縮
  • パイロットまたは生産規模のマルチノズルシステムへのスケールアップが容易

自由度

  • 供給量・排出量が制御でき多様なアプリケーションに対応
  • 温度制御により多様なポリマー、ワックスがシェル材料として可能
  • 1段プロセスでマイクロビーズ、コアシェル構造マイクロカプセルを形成

使いやすさ

  • 各種プロセスパラメータが直観的に素早く調節可能
  • 内蔵ストロボランプにより製造過程をリアルタイムで観察可能
  • 堅牢で耐久性が高くダウンタイムやメンテナンス時間が短い
対応範囲
Spray Drying service

サービスおよびサポート

  • カスタマイズしたアプリケーションのサポート
  • 粒子形成ツール
  • アプリケーション・データベース
  • ワークショップでのトレーニング
  • サービスホットラインによるダウンタイムの最小化
  • IQ/OQによる予防的メンテナンス