JP-JA

PrepChrom (フラッシュ&HPLC自動精製システム) C-700

オールインワンの精製システム

PrepHPLC C-700
C-700 Detail
Separation of Cannabinoids for Clinical use

PrepChrom C-700には直感的に使用できるユーザーインターフェイスが用意され、高速精製プロセスを簡単に実行することができます。この高性能分取クロマトグラフィーシステムを使用して、フラッシュと分取HPLCの両方による分離および精製を実行することができます。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

加速化された精製

  • 同一のシステム上で、フラッシュクロマトグラフィーによる分離と、その後に続くフラクションの分取HPLCによる精製が可能
  • 最大4溶媒を使用した複雑なサンプルの最適化による時間の節約
  • DADおよびオプションのELSDを使用して、すべての化合物を検出
  • 高効率カラムによる高速分離

高性能

  • クオータナリグラジエント機能(HPLCポンプテクノロジー)による完全分離の最適化が可能
  • 高効率分取HPLCカラム(10~15μm)を最大100bar(1450psi)の圧力で使用可能
  • 高度に選択可能な分離による最適のフラクション精製

操作性

  • フラッシュクロマトグラフィーと同様の、簡単に操作可能な分取HPLC
  • 精製アプリケーション専用設計のグラフィカルユーザーインターフェイス
  • フラッシュカートリッジ、ガラスカラム、分取HPLCカラムの簡単な接続
  • タッチスクリーン操作による多言語ユーザーインターフェイス

製品ビデオ

BUCHIのお客様

“Due to its versatility, the PrepChrom C-700 is a valuable instrument in our natural product isolation based research group, where preparative techniques such as column chromatography, flash chromatography and preparative HPLC are used on a daily basis.”

Prof. Dr. Timo Niedermeyer
University of Tübingen, Germany
PrepHPLC C-700
C-700 Detail
PrepHPLC C-700
C-700 Detail
Separation of Cannabinoids for Clinical use