JP-JA

«分取クロマトグラフィー 高性能» ソリューション

強力で自由度の高いモジュール構成のフラッシュクロマトグラフィーシステム

SepacoreX50_01

天然物の抽出物のような複雑なサンプルを精製し、また多量のサンプルを処理するため精製プロセスのスケールアップを必要とされる方へ Sepacore® X50 フラッシュクロマトグラフィーシステムは、充填剤の種類やカラムの寸法の如何を問わず、高効率カラムを使用して最適の自由度を実現します。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

高性能のフラッシュ精製

  • 最大50bar (725psi) の圧力で高効率を実現 。順相/逆相分離モードに対するカラムの選択(微粒シリカを含め)
  • 紫外・可視領域の4波長同時のモニタリングにより、検出条件の最適化が短時間で可能
  • オンラインのUV検出器で溶出化合物を識別
  • ピーク検出・フラクション捕集のためのマルチシグナル・モニタリングにより、各々の化合物を個別に捕集可能

自由度

  • モジュール構成のため拡張が容易:内蔵タッチスクリーンでも別のコンピュータでも制御可能
  • 捕集量増大に対応してフラクションコレクターの追加可能、汎用ELS検出器
  • アプリケーションの要求に応じてフラクション捕集容器とパターンの選択が自由

拡張可能

  • パックドカラム(最大800g)またはガラスカラムでサンプル注入量を数mgから100gまで拡張可能
  • スケールアップ時の最大流量250mL/分で安定した性能を発揮
対応範囲
Chromatography

サービスおよびサポート

  • アプリケーション事例
  • ラボ用クロマトグラフィーガイド
  • カスタマイズ・アプリケーション支援
  • 実践的なワークショップ、トレーニング、セミナー
  • サービスホットラインによるダウンタイムの低減