JP-JA

NIRFlex® N-500(近赤外分析計)

モジュール式 FT-NIR

NIRFlex N500 FT-NIR Spectrometer

FT-NIR近赤外分析計N500は、信頼性の高い分析結果が要求される医薬品、化学品、飼料、食品および飲料などの研究開発や品質管理に使用されています。NIRFlex N-500には、高精度の測定を可能にするさまざまな測定モジュールやアクセサリーが用意されています。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

信頼性と柔軟性

  • 最高度の波長正確性がもたらす高精度で正確な測定
  • 検量線データを装置間でそのまま簡単に移設
  • サンプルに応じて最適化された測定オプションの使用により、さまざまなサンプル(固体、粉体、錠剤、顆粒、ペースト、液体など)を正確に分析

迅速、安全、簡単

  • 数秒で得られる結果
  • 複数の分析項目を同時に測定
  • 試薬も溶媒も不要
  • 使いやすさを追求した直感的な操作性

効率の向上

  • 測定結果の迅速なフィードバックにより、すばやい工程管理を実現
  • 維持費の軽減(定期的な装置の校正が不要で、消耗品の交換もユーザー自身で可能)
  • ランプが切れた場合でも連続稼動を保証する自動切替えツインランプ構造
 
特徴
NIR Polarization Interferometer wedges

BUCHI製偏光干渉計

BUCHIは、非常に屈折率の高い結晶を使用することによって、水晶偏光干渉計を改良しました。これにより、優れた耐振動性を維持しながら、理想的な分解能とコンパクトな設計が実現しました。

この干渉計の過酷な環境での卓越した性能は、厚さが変化する複屈折結晶を通過する2本の光ビームに位相差を生じさせる機構が異なるためです。マイケルソン型干渉計の場合、物理的な衝撃が干渉に直接影響を与えますが、偏光干渉計では、その効果が10 ~20分の1に抑えられます。
FT-NIR Twin Lamp Module

ツインランプモジュール

BUCHIは、近赤外分光計の運用維持のための新しい基準を確立しました。BUCHI製分光計にはツインランプモジュールが採用され、主光源に問題が発生した場合は自動的に予備のランプに切り換わります。これにより、装置が故障するリスクが最小化され、交換ランプを注文するための時間が十分に確保されます。何もしなくても、すぐに測定を続行することができます。

FT-NIR integrated standards

内蔵の標準フィルター

どのBUCHI FT-NIR分光計にも、一連のグレイフィルターと波長標準フィルターが内蔵されています。これにより、専用設計のソフトウェアモジュールを使用して、波長の精度、SN比、および直線性を確認することができます。これらの測定によってシステム適合性試験(SST)が実施され、この試験は、医薬品産業での規制への適合に不可欠です。

製品ビデオ