JP-JA

NIRCal Software(ソフトウェア)

機能豊富なNIRメソッド開発ツール

NIRCal Screen One

NIRCalソフトウェアは、堅牢なNIRメソッドを開発し、迅速で信頼性の高いNIR予測結果を得るための、機能豊富なケモメトリクス・ソフトウェアパッケージです。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

ニーズを満たす豊富な機能

  • 最適なキャリブレーションモデルの作成を可能にする豊富なケモメトリクス手法(PLS、PCR、MLR、Cluster分析)
  • 予測モデルの改善に有用な、柔軟なスペクトル処理方法
  • 他社製データを含めた既存の検量線データとの統合機能

簡単かつパワフル

  • メソッド開発時間を短縮する、特許の自動最適化機能「Calibration Wizard」
  • 時間節約に役立つ、大量データの高速演算
  • キャリブレーションデータの配布を容易にするデータベース

信頼性の高い結果

  • 理解を高めるインタラクティブなデータ表示機能
  • 予測結果の信頼性を高める、複数項目の異常値検出機能
  • 独創的な検証ツールおよび詳細なキャリブレーションプロトコル
特徴
NIRCal Software Wizard Module

NIRCal Calibration wizard(キャリブレーションウィザード)

特許取得済みの知識ベースに基づいたキャリブレーション自動最適化ツールのCalibration Wizard(キャリブレーションウィザード)。ケモメトリクスの知識がなくても、簡単に短時間でキャリブレーションの開発および検証を行うことができます。Calibration wizard(キャリブレーションウィザード)は、多数の可能性からキャリブレーションに最適なパラメーターを自動的に探し出します。個別のキャリブレーションの良否は、NIRCal Q-Value(モデル評価指標)によって決定されます。
NIRCal Quantiative Calibration

NIRCal Quantitative Calibration Methods(定量モデル作成メソッド)

多変量解析による定量モデル作成メソッド
部分最小二乗(PLS)、主成分回帰分析(PCR)、重回帰分析(MLR)。

NIRCal chemometric Software Overview

NIRCal Model Validation(モデル検証)

モデルの検証のために、検証セットを別途定義することができます。また、Cross Validation(クロスバリデーション)を選択することもできます。さまざまな統計パラメーターが(SEC、SEP、BIAS、PRESS、r2など)、キャリブレーションの検証に役立ちます。Durbin-Watson検定やt検定などの統計検定は、高度の信頼性でデータを解釈するのに役立ちます。Durbin-Watson検定は、定量モデルの直線性をチェックします。t検定は、検証サンプルの結果と基準値が同値であることをチェックします。

NIRCal Identification Cluster Plot

NIRCal Qualitative Calibration Methods(定性モデル作成メソッド)

CLUSTERおよびSIMCAなどの多変量解析を利用した定性モデル作成メソッド(分類、同定)。主成分分析(PCA)による多変量データ解析。

NIRCal 3D Spectra Graphics

NIRCal Interactive graphics(対話型グラフィックス)

NIRCalでは、スペクトルデータおよび全種類のケモメトリックパラメーターおよび結果を高度の対話型グラフィックスで表示できます。グラフィカル表示はさまざまなプロットタイプを結合可能です:折れ線グラフ、平行座標グラフ、1D、2D、および3Dの散布図、2Dおよび3Dの 表面プロット。

NIRCal Pretreated Spectra 3D Plot

NIRCal Data Pretreatment(データ前処理)

正規化、SNV、微分処理(1次、2次、3次)、平滑化、スペクトル変換、オフセット補正、MSC、独自の線形フィルタリングなど、任意の組み合わせで使用可能な45種類のデータ前処理アルゴリズムから選択。