JP-JA

Melting Point M-560(融点測定装置)

簡単迅速な融点測定

Melting Point M-560

Melting Point M-560(融点測定装置)は、融点および沸点を目視で測定するように設計されています。拡大レンズと直感的な校正および検証手順により結晶の熱挙動を簡単に観察でき、正確に測定を行えます。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

簡単

  • 直感的で多言語対応のユーザーインターフェイス
  • 拡大レンズにより溶融プロセスを簡単に観察
  • BUCHI Sample Loader(サンプルローダー)による毛細管への簡単で均一な充填と高い再現性
  • 毛細管の便利な保管機能

正確

  • 非常に正確な温度設定および測定
  • メニュー選択による校正機能を使用して装置の精度を維持
  • 認定標準化合物を使用した簡単な校正

迅速

  • 高速の加熱および冷却ステップによる迅速な測定サイクル
  • 最大20°C/分の温度勾配を使用して、最初の素早い加熱が可能
  • 最大3検体を同時測定
特徴
Sample Determination

サンプル測定

同時に3種類のサンプルを測定することができます。ユーザーは、ディスプレイパネル上で、正確な測定用の2.5倍の拡大鏡を使用してサンプルを観察し、溶融の最初と最後を検出し、ボタンを押して、その値を保存します。加熱ブロックの最適化設計により、短時間で冷却できるため、1時間当たりのスループットが大幅に向上しています。

Heating Block

ヒーティングブロック

ヒーティングブロックの最適化設計により、短時間で冷却できるため、1時間当たりのスループットが大幅に向上しています。

Calibration

校正

校正手順ガイダンスと ビュッヒが提供する校正試薬で 確実な値を担保します

M-569_sample_loader_02

Sample Loader M-569(サンプルローダー)

沸点測定キャピラリーへのサンプルの高速高効率ローディング用。

Printer and keyboard

プリンターおよびキーボード

<p>オプションのプリンターは、校正の結果および、融点および沸点の測定結果を、GLP/GMPに準拠して文書化するためのものです。</p><p>オプションのキーボードを使用して、サンプルパラメーターを簡単に入力することができます。</p>