JP-JA

Recirculating Chiller F-305 / F-308 / F-314

高効率の冷却

Recirculating Chiller F-305 / F-308 / F-314

Recirculating Chiller F-305 / F-308 / F-314(低温循環水槽)は、ラボ用の装置であるロータリーエバ ポレーター、多検体エバポレーター、ケルダール製品、抽出製品などとの連携に特化してデザインされてい ます。Rotavapor® R-300(ロータリーエバポレーター)システムと併用することにより、集中制御(温度設 定)、省エネのエコモード、自動開始/停止などの便利な機能を使用することができます。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

高効率

  • BUCHI製ロータリーエバポレーターシステムとの使用による高効率の蒸留
  • Rotavapor R-300(ロータリーエバポレーター)システムでの自動的かつ動的な圧力制御により、ヒーティングバスおよび低温循環水槽が設定温度に達するの待たずに、すぐに蒸留を開始でき時間 を節約可能

環境の保護

  • エコモード:使用しないときには待機モードに移行し、エネルギーを節約し、熱の放出を抑制
  • 水道水の代替使用により水の消費を抑制。
  • Interface I-300 / I-300 Pro(インターフェース)を使用して、すべてのパラメーターを集中制御 することにより蒸留作業を最適化

双方向通信

  • 下記製品とのプラグアンドプレイによる簡単な接続
    • すべてのパラメーターを含む完全な自動BUCHI Rotavapor® R-300(ロータリーエバポ レーター)システム
    • BUCHI製抽出およびケルダールソリューション
特徴

スピードコントロール

スピードコントロールにより精密な圧力 制御ができ、突沸を引き起こす急激な圧 力変動が少なく、突沸のリスクを最小限 に抑えます。

水道水の消費量の削減

一般的に、ロータリーエバポレーター は、毎時40リットルの水を消費します。 低温循環水槽を使用することにより、 この貴重な水資源を節約します。

エコモード

エコモードとインターフェースの連携に より、使用しないときには待機モードに 移行して、エネルギーを節約し熱の放 出を抑えます。

温度ロック

ダイヤルを押すことによって設定温度をロ ックし、意図しない変更を防止します。

冷却の最適化

Rotavapor® R-300(ロータリーエバ ポレーター)システムとの連携により、 加熱温度および冷却温度とともに真空 度を自動的に制御し、蒸留条件を最適 化します。

ナビゲーション

低温循環水槽、またはInterface I-300 / I-300 Pro(インターフェース)上で簡単 に冷却温度を設定できます。