JP-JA

Distillation Unit K-350 / K-355 (蒸留装置)

エントリーレベルのケルダール分析、およびその他の機能

Distillation Unit K-350 / K-355

ケルダール法による窒素またはタンパクの定量を、公定法に準拠し、最も費用対効果の高い方法により行います。K-355は追加機能を備えており、用途がさらに広がります。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

優れた費用対効果

  • ケルダール法やその他の蒸留に適したエントリーレベルの装置
  • 環境に優しい冷却水コントロールにより水使用量を低減
  • 長期間の使用に耐えるプラスチック製のスプラッシュプロテクター

簡単操作

  • 蒸留条件のプログラミングが容易
  • 試薬ポンプの操作や校正も簡単
  • K-355では複数メソッドが保存可能、定常的分析に便利

幅広い用途

  • その他の蒸留用途に使用できる耐酸ポンプ
  • 蒸気力の低減により穏やかな蒸留を実現
  • スプラッシュプロテクターはガラス製とプラスチック製から選択可能
特徴
Safety features

安全機能

化学薬品の自動注入、試料管用保護センサー、保護ドアおよびサービスドアにより、安全な操作が約束されています。

Save cooling water

冷却水の節約

蒸留中の冷却水の通水および停止は自動で行われます。

Splash protector

スプラッシュプロテクター

長寿命プラスチック製スプラッシュプロテクターまたは蒸留工程が目視可能なガラス製スプラッシュプロテクターから選択可能です。

Steam regulation

水蒸気の制御

K-355は、蒸気出力を調節して、発泡性サンプルおよび発熱反応を制御します。

Specific sample tubes

特製試料管

アプリケーションに合わせて、適切なサンプル容量の試料管を選択可能です。

Scientific mobile apps

モバイル端末用アプリ

簡単にデータの管理を行うことができ、 日常業務の生産性が向上します。

  • Kjeldahl Optimizer
  • Kjeldahl Reports