JP-JA

ソリューション «Reflux Digestion»

COD、重金属、ヒドロキシプロリン定量用

K-439_lab

実験室の限られたスペースの中で様々な試料を扱い、還流分解の条件を分析対象に応じて変更しなければならない場合があります。当社はケルダール法と還流分解の両方に使用でき、既存の他の分析機器とも適合するモジュール式の万能装置を提供しています。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

応用範囲

  • 土壌・電子製品廃棄物・食品・飼料・繊維製品中の重金属、食肉中のヒドロキシプロリンの分析における、水還流下での王水、HNO3 またはHCl分解
  • 水質評価のための空冷コンデンサーを用いたCOD測定(ISO 6060準拠)
  • ケルダール法窒素分析のための高速IR分解。専用吸引モジュールを用いたH2O2 連続添加により一層の加速を図るオプションも可能

柔軟かつ高速

  • ケルダール法分析と微量金属、ヒドロキシプロリンまたは COD 測定用分解の切り替えが簡単迅速にでき複雑な組み換えが不要
  • 各種試料マトリックスに対応した20種のプログラム済み既成メソッド、および30件まで保存可能なテイラーメイドのメソッドによりニーズの変化に対応
  • 古典的ケルダール法における分解時間を30分まで短縮可能

安全な操作

  • 最終的に4段スクラバーシステムにより、実験室の空気から有害フュームを除去。王水の安全な取扱い
  • オプションのH2O2 専用吸引モジュールによりH2O2を穏和に添加
  • 優れた熱的均一性とプロセス監視による高い再現性(RSD < 1 %)
対応範囲
Kjeldahl_application_support

サービスおよびサポート

  • 参考アプリケーションの網羅的リスト
  • カスタマイズしたアプリケーションのサポート
  • 正式のIQ、OQ、PQ記録
  • アプリケーション開発に有用なツール
  • 実践的なワークショップ、トレーニング、セミナー
  • IQ/OQ/PQを含む予防的メンテナンス
  • サービスホットラインによるダウンタイムの最小化