JP-JA

SpeedExtractor E-914 / E-916(高速高圧抽出装置)

多検体での迅速な抽出と高い処理能力を実現

SpeedExtractor E-916

より迅速な加圧溶媒抽出(PSE)には、SpeedExtractor(高速高圧抽出装置)が最良のソリューションです。同時に最大6検体が処理できるため、作業性が向上します。抽出に至るまでの作業が簡単で、抽出後はその抽出物を手間なく濃縮や分析ができるので、分析に必要なサンプルの前処理が合理化されます。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

卓越した抽出処理能力

  • 多検体同時抽出コンセプトにより、他社同等製品より最大6倍も高速
  • 8時間の1シフト間に最大96サンプルの抽出が可能(30/1バッチと仮定した場合)
  • 抽出処理の加速により、1営業日内に最終分析結果まで作業可能
  • 同一の抽出条件下で最大6検体処理するによる反複作業の軽減

簡単操作

  • ビュッヒオリジナルの抽出セルの構造により、サンプルおよびセルの取り扱いが簡単
  • 密閉(シーリング)の自動化により、準備に必要な時間が節約でき、安全性も向上
  • セルの構成が4パーツと少なくによる、簡単でパーツ取り付けミスの心配がない再現可能な処理
  • 自動シーリング機構によって、ヒューマンエラーによるミスがなくなり、安全基準の遵守を保証

低ランニングコスト

  • 多検体パラレルエバポレーターや多検体濃縮装置とのスムースなワークフローおよび相乗効果
  • 突起部のあるビュッヒオリジナルガラス容器も使用でき、抽出から濃縮に移る時のサンプルの移し替えが不要
  • 溶媒消費量が少なく、消耗品の必要性の最小化により、ランニングコストを削減
  • 自動ヒーター制御モード『ECOモード』によるエネルギーとコストの節約
特徴
Parallel workflow for high throughput

並行作業により処理能力が向上

多検体抽出+多検体パラレルエバポレーションの統合システムにより、処理能力が飛躍的に向上します。SpeedExtractor(高速高圧抽出装置)の捕集ガラスパーツは、Syncore® Analyst(シンコアアナリスト)およびMultivapor™(マルチベーパー)と完全な互換性を備えています。

Automated sealing

自動シール機能

フェイルセーフと独自の自動シーリング機能により、再現性の良い結果を保証します。

Extraction made easy

簡単抽出

SpeedExtractor E-914/E-916(高速高圧抽出装置)の操作は、直感的で簡単です。ボタンを押して確立されたメソ ッドを実行するだけで、最大6検体の同時抽出を行うことができます。

Highest flexibility

高い柔軟性

柔軟性の高いプロセスパラメーター(30~200℃、50~150bar)とさまざまな容量の抽出セル(E-916: 10、 20、40mL / E-914: 40、80、120mL)により、最適化されたメソッドでのサンプル抽出が可能です。

Reliable recording

信頼性の高い記録機能

ソフトウェアSpeedExtractorRecord™ を使用して、メソッド、グラフィカルな表示、文書の管理と保管を行うことができます。

Wide application spectrum

Wide application spectrum

広範な温度範囲 a および圧力範 囲b 、1~120mLのサンプル容量c および最大4種類の溶媒の混合が可能な内蔵ミキサーによりd 、高い検体回収率e で複雑なマトリックスの抽出を行うことができます。

製品ビデオ