JP-JA

Hydrolysis Unit E-416 / B-411 (酸分解(加水分解)装置)

コスト効率に優れ公定法に準拠

Hydrolysis Unit E-416 / B-411

Hydrolysis Unit E-416 / B-411(酸加水分解装置)は、同時に最大6検体の加水分解を安全かつ高速に実行します。全脂肪・全脂質測定のための公定法に完全に準拠しています。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

規格に適合

  • 各種公定法(AOAC、ISO、DIN)に準拠
  • 標準化された手順による再現性

安全性

  • サンプルに手を触れる必要のない便利な酸分解物移送機能
  • 効果的なシールドにより有害なガスの放出を抑制

シンプルな装置構成と操作性

  • IR加熱によるサンプルへの迅速な高効率熱伝導
  • 最大6検体を同時に酸加水分解、ろ過、洗浄
  • E-816またはB-811でそのまま使用できる設計のサンプル容器(ガラスフリッツ)
特徴
09_313183-1586.jpg

明白な利点

4または6サンプルの同時加水分解/高速高効率のろ過/ユーザーフレンドリーな操作/不快な悪臭が発生しない/AOACおよびLMBG § 35(G)準拠

09_Labor_D&E.jpg

さまざまな使用領域

簡単なろ過および6サンプルを同時に4群処理する洗浄プロセスの利点を活用。BUCHI Hydrolysis Units E-416またはB-411(酸分解装置)が、食品や飼料などの脂質の高効率定量に大きく貢献しています。品質管理やプロセス管理に使用されています。