JP-JA

抽出装置E-816 ECE

自動化されたコストパフォーマンスの高い脂質定量

E-816 ECE

E-816 ECEを使用することにより、食品・資料サンプルのコスト効率に優れた脂質定量を行うことができます(経済的な連続抽出)。連続自動抽出法により、メソッド選択が単純化され操作も簡単です。高い溶媒回収率および少ない溶媒消費により、確実にコストを削減できます。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

経済的

  • コンパクト設計のガラスパーツアセンブリによる低溶媒消費
  • 最低限の溶媒放出量と冷却式タンクによる90%以上の回収率

操作性

  • 直感的に使用できる溶媒ライブラリにより、短時間で簡単に行えるメソッド選択
  • サンプルの取り扱いが簡単で、オペレーターの手間が最小限で済む
  • 無人での処理により、オペレーターの稼働率が上がる

高速高信頼性

  • 従来のガラス製器具による抽出と比較して最大4倍も高速
  • 連続抽出法による高再現性および信頼性の高い結果
  • 自動化された規格適合のTwisselmann抽出法(ISO準拠など)
  • セラミックプレートと個別の加熱ゾーンによる高速加熱
特徴
E-812_Display_313183-1032.jpg

洗練されたメニューナビゲーションおよび溶媒ライブラリ

最初から簡単に操作できます。溶媒を選択すると、それぞれの設定が読み込まれます。時間のかかる適用作業は不要です。

E 812 Tank_ws_2.jpg

最高の溶媒回収率

凝縮器付き断熱タンク、石油エーテルの場合でも不快な臭いがしません。

E 816 Heating plate 2.jpg

高速加熱

個別の加熱ゾーンが統合されたセラミック表面。どの加熱プレートも5分以内に沸点に到達します。

E-816 ECE detail

Twisselmann法に基づく実用的な連続抽出法

全脂質の測定など、多くの抽出に使用される公式のメソッド。コンパクト設計のガラスパーツアセンブリによる低溶媒消費。

製品ビデオ

BUCHIのお客様

「BUCHI抽出装置E-816 ECEの操作は、E-816 Soxhletと同じように簡単で、また、同程度の結果を得ることができます。高速で操作が簡単であり、溶媒消費量が少ない利点があります」  

Dr. Mattias Fricker
Food control, Canton of Zug, Switzerland