JP-JA

現在地

«汎用抽出» ソリューション

柔軟性を備えた溶媒抽出

B-811_B-400_F-108_313183-1294.jpg

ガラスパーツの構成を変更せずに、さまざまな抽出法を使用できる自動抽出ソリューションをお探しですか?BUCHIの ≪汎用抽出≫ソリューションは、抽出しにくい微量成分の抽出や環境汚染物質の定量と、一般的な脂質抽出のどちらでも、ボタンを押すだけで実行することができます。

詳細はこちら

Tabs

概要
ひと目でわかる特長

広範な用途

  • 土壌、汚泥、底質、大気捕集用カートリッジ(PUF、XAD)の残留性有機汚染物質のソックスレー抽出
  • 原料、食品、飼料のサンプルからの農薬、除草剤、ダイオキシン類などの微量成分および汚染物質の抽出
  • 食品および飼料のサンプルからの全脂肪および粗脂肪の古典的な定量

高速で柔軟性に富む

  • ガラスパーツの構成を変えずに4種類の手法を適用できる高い柔軟性
  • 自動化された抽出プロセスと酸加水分解またはパラレルエバポレーションの組み合わせにより、短時間で分析可能

Safe and reliable

  • プロセス全体を通じてオペレーターが危険にさらされないように、安全機能付き
  • 大容量溶媒容器(LSV)と不活性物質の使用で、低レベル汚染物質の定量
  • 不活性ガスの使用により被酸化性検体の損失を抑制する
対応範囲
09_313183-2036.jpg

サービスおよびサポート

  • 幅広い参照アプリケーションリスト
  • それぞれのアプリケーションに合わせた抽出条件最適化の支援
  • IQ/OQ書類
  • 実践的なワークショップ、トレーニング、セミナー
  • IQ/OQなどの予防的メンテナンス
  • サービスホットラインによる最短のダウンタイム