JP-JA

現在地

食品・飲料

偽装食品に対する効率的な測定、高効率で安全な食品処理、機能性食品および栄養補助食品の開発 -これらは最新の食品/飲料製造および分析における多くの課題のほんの一部に過ぎません。BUCHIは、食品分析用の古典的な基準手法および最新の近赤外分光法(NIRS)によるソリューションだけでなく、噴霧乾燥およびカプセル化により製造プロセスを分かりやすくするソリューションも用意しています。

Determination of protein in wheat flour samples

ケーススタディ – 小麦粉サンプルに含まれるタンパク質の測定

"この自動ケルダールシステムは、ユーザーにも、環境にも優しいシステムです。小麦粉に含まれるタンパク質測定の基準となる測定方法ですから、弊社のような食物試験施設にとっては、こうした機器がそろっていることが欠かせません"

 

パキスタン、PARC穀物品質試験研究所、Saqib Arif氏